毎日、良い記事

教師にバレないよ

  • 2013.08.15 Thu

证翋櫎い螭坤堡伞?
「お金払ってるのは、わたしなんだし文句言わない」
 桐子姉さんは、ここだけは絶対に退かなかった。
 うちの親父や母さんに、わたしに払わせてくれと志願したぐらいだ。
 未だに俺が子供の時に、迷子になったのを忘れられないのかね。
 積極的に俺の位置を探ってくるわけでもないからいいけどさ。
「外に出てる時は、ちゃんと追跡できるようにしておけよ」
「へいへい。感謝してますよ」
 そして、俺は職員室を出る。prada オンライン
 外では綾女が律儀に待っていた。
「お帰り。なんだったんだ?」
「超私事」
「なんでそれが新宮に来るんだ?」
 面倒臭いし、もう言ってしまうか。
「……人に言うことじゃないんだけど、小谷先生は俺の従姉なんだよ」
「え? あのセンセ、そうだったの? へー、妙なところで縁があるんだな」
「バレたらバレたで面倒だし、黙っておいてほしいんだけど」
「わかった。ま、言うようなことじゃねぇよな」
 理解してくれたようで助かる。
 ……さて。
 気が進まないけど、一応、言われた仕事はしておくか。
「綾女、今日の午後の授業どうするんだ?」
「え、出ようと思ってるけど」プラダ 財布
 あれ? てっきりいつも通りサボると思ったのに。
「……サボらないの?」
「お前がサボるならサボるぞ」
「え、俺が基準?」
「ああ。当然だろ」
 え、当然なの?
「……少しでも一緒に、いたいからな」
 照れたようにそんなことを言ってくる。
 そんな様子に、ほんの、ほんのちょっとだけ。
 可愛い、なんて思ってしまったりした。
 中古相手だというのに……。#4
http://www.shpmeasurement.com/ prada online store
 珍しく綾女が午後の授業に出たため、教室内は少しざわついた。
 五時間目の教科を担当する教師も、目を丸くしている。
 それはいい。
 問題は、クラスメイトたちが俺に何か言いたそうにしていることのほうだ。
 後ろの外崎から肩をちょんちょんと指で叩かれた。
 そのついでにメモ紙を渡してくる。
 そこには、
“やっぱ、綾女と何かあった?”
 と書いてあった。
 ……やれやれである。
“何もない”
 そう書いて、教師にバレないように前を向いたまま後ろにある外崎の机にメモ紙を置く。
 まったく、下世話なやつだ。
「え~、ここのXには、つまり計算から導き出された――」
 教師が黒板を使って説明しながら、授業が進む。
 それからしばらくして、また肩をちょんちょん叩かれた。
 面倒臭いが、prada online storeメモ紙を受け取る。
 開

COMMENTS

COMMENT POSTING

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACKS

http://rzlovelive.blog.petitmallblog.jp/tb.php/2-bb3f22c1

| TOP |